Voice Web Blog ヴォーカリスト柿沼寿枝の活動情報ブログ

当ブログでの柿沼寿枝出演のLive予定の掲載は、Live当日から約1ヶ月前を目安にしています。そのため、柿沼寿枝個人ブログでの告知よりも遅れる場合がありますのでご了承下さい。

ジャパンカップ

 
世紀のジャパンカップ
 
 
25日(日)に東京競馬場で行われた
第32回ジャパンカップ(芝 2400m)
 
世界の一戦にふさわしい面々が揃い
11万人の大観衆の中
17頭のお馬さんがスタート
 
1番人気でもありましたが
私が大好きなお馬さん
オルフェーヴル
(池添謙一騎手)
 
そして2番人気の
ジェンティルドンナ
(岩田康誠騎手)
 
この三冠馬三冠牝馬の
歴史に残る名勝負が繰り広げられました。
 
オルフェーヴルは後方からのスタート
そして
ジェンティルドンナはインコースへ。
 
10月上旬に
フランスのロンシャン競馬場で行われた
凱旋門賞で惜しくも2着になってしまった
オルフェーヴル
 
その時1着になったフランスのソレミアも
今回のジャパンカップに出走。
 
そしてその時
池添騎手は騎乗出来なかった。
 
池江調教師のインタビューで
『ロンシャンのかりは東京で返す。
リベンジです。
直線でこの馬に勝てる馬はいない。』と。
 
レースは終盤に入り
2頭の狭い間に割って入った形となった
ジェンティルドンナの馬体がぶつかり
外のオルフェーヴルと接触
 
最強のデットヒートを繰り広げたものの
この結果が出るまで
ゴール前の2頭の競い合いで走行妨害の疑いも
 
1着が確定するまでに審議は20分も続いて…
 
結果は鼻差で
1着ジェンティルドンナ
2着オルフェーヴル
 
ん~~~残念
 
世界最強の証明をするはずだったのにぃ~
 
ジェンティルドンナに騎乗していた岩田騎手は
進路の取り方が強引なものであった為
12/1.2の騎乗停止処分。
 
オルフェーヴルを応援していた私からすると
とても残念な結果になってしまったけれど
ジェンティルドンナは3歳の女の子
 
人間で言えば
女子高生が大人の男性に混じって1着になった
 
若き女王の挑戦で3歳牝馬史上初
 
本当にスゴイ
 
こんなに強い女の子もそういないから
これからがとっても楽しみ
 
この2頭には
それぞれの道をケガなく頑張って欲しいです
 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/11/28(水) 09:28:08|
  2. 柿沼個人ブログ旧記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<最終日でした★彡 | ホーム | 0.5歳ですっ☆>>

コメント

後味悪いレースだった

三冠牡馬、牝馬の対決に、オルフェらしさを出して?惜敗した凱旋門賞勝ち馬も参戦してのこの先二度と観ることのできないかもしれない世紀のレースが、後味の悪いレースになってしまったよね、、、オルフェは来年も現役続行らしいけど一度ミソがついてしまった馬は歯車がくるってしまうことが多いだけに心配も、、、過去にはオグリキャップやトウカイテイオーのように有終の美を飾って伝説になった馬もいるけど、オルフェにもそうなってほしいよね!史上最強といわれながらも怪我やアクシデントで良い結果を残せずに引退した馬も多いだけに、、、
  1. 2012/12/06(木) 03:14:09 |
  2. URL |
  3. じいじ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://voicewebhina.blog.fc2.com/tb.php/51-3f34de1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)